はじまりの名護屋城 by 名護屋城歴史 CYCLE ROUTES
course_mv_4

400年前の風景を残す、名護屋城下町展望コース

  • 走行距離 / 約 12.1 km
  • 歴史度  / ★★☆
  • 難易度  / ★★☆
  • 美景度  / ★★★

観光地として知られる呼子朝市へ立ち寄る、歴史&観光を楽しむことができる
よくばりコース。武将の名前がついた交差点や周辺エリアを走った後は、
呼子の朝市通りでひと休み。加藤嘉明陣跡・弁天島からは、400年前の様子を描く「肥前名護屋城図屏風」に近い構図で景色を眺めることができます。
ライド後半はきっと屏風絵の中を走っている気分に。

  • スタート

  • 名護屋城跡・博物館

  • 道の駅桃山天下市

  • 名護屋大橋

  • 呼子朝市

  • 殿ノ浦展望公園

  • 加藤嘉明陣跡

  • 弁天社

  • 旧名護屋城下町

  • 徳川家康陣跡

  • 広沢寺

  • 名護屋城跡・博物館

  • ゴール

コースのみどころ

  • 名護屋城跡
    icon_parking icon_wc icon_jin icon_photo
    名護屋城跡
    佐賀県唐津市鎮西町名護屋1938-3(名護屋城跡観光案内所)
    0955-82-5774(同上)
    ※歴史遺産維持協力金100円(任意)

    豊臣秀吉が文禄・慶長の役(1592-98)の拠点として築城。当時は5層の天守を備え、大坂城につぐ規模を誇った。江戸時代に廃城となったが、現在まで残る大規模な石垣と玄界灘の眺望は見ごたえがある。春には大手口の桜も見どころ。

  • 名護屋城跡・博物館
    icon_parking icon_wc icon_vending
    佐賀県立名護屋城博物館
    佐賀県唐津市鎮西町名護屋1931-3
    0955-82-4905
    https://saga-museum.jp/nagoya/

    「日本列島と朝鮮半島との交流史」をテーマとした常設展示を中心に、文禄・慶長の役や名護屋城などを紹介する企画展も開催している。名護屋城跡や堀秀治陣跡をCGで再現した「VR名護屋城」のタブレットの無料貸出も行っている。

  • 道の駅 桃山天下市
    icon_parking icon_wc icon_eat
    道の駅 桃山天下市
    佐賀県唐津市鎮西町名護屋1859
    0955-51-1051 /
    鎮西町観光案内所 0955-51-1052
    https://momo-ten.com/

    名護屋城跡の入口に近く、前田利家陣跡にも隣接。ショップには地元でとれた新鮮な農産物や水産物、お土産が揃うほか、イカの活造りが味わえる食事処もある。観光案内所も併設されている。

  • 名護屋大橋
    icon_parking icon_photo
    名護屋大橋
    佐賀県唐津市鎮西町名護屋
    (名護屋大橋西 交差点付近)

    400年前は多くの軍船が停泊した名護屋湾を一望することができる。周囲の丘陵は名だたる大名たちの陣跡なので、自転車を降りて当時を想像してみてはいかが。

  • 呼子朝市
    icon_parking icon_wc icon_eat icon_photo
    呼子朝市
    佐賀県唐津市呼子町呼子4185-15(呼子観光案内所)
    0955-82-3426(同上)
    https://www.asobo-saga.jp/feature/archives/000270

    新鮮な魚や加工品はもちろん、野菜や花なども集まり、日本三大朝市の一つとして知られる。地元の方との心温まるふれあいも楽しみながら、カフェやショップも巡ってみよう。
    無料レンタサイクル/電動自転車、最大3台・2時間
    問合せ先:Yショップ呼子朝市通り店(0955-82-3350)

  • 展望台
    icon_parking icon_photo
    殿ノ浦展望公園
    佐賀県唐津市呼子町殿ノ浦(加藤嘉明陣跡から東へ約500m)

    加部島や呼子大橋をきれいに見渡せるビュースポット。入口の階段をのぼると潮風が気持ちいい展望台がある。

  • 加藤嘉明陣跡
    icon_parking icon_wc icon_vending icon_jin icon_photo
    加藤嘉明陣跡
    佐賀県唐津市呼子町殿ノ浦1953 付近

    加藤嘉明は、「賤ヶ岳の七本槍」のひとりとして知られ、文禄・慶長の役では水軍を率いた。発掘調査では井戸跡や石垣が確認されている。高台からは「肥前名護屋城図屏風」と近い構図で名護屋城跡や城下町方面を眺めることができるので、ぜひ見比べてみよう。

  • 弁天島
    icon_parking icon_wc icon_vending icon_photo
    弁天社
    佐賀県唐津市呼子町殿ノ浦1951(弁天駐車場)
    https://www.karatsu-kankou.jp/spots/detail/54

    ハープのような弧を張る呼子大橋のたもとにある弁天社は、400年以上前を描く「肥前名護屋城図屏風」にも描かれており、豊臣秀吉が船遊びで訪れたとも。(弁天駐車場の北側から階段を降りると遊歩道が接続)

  • 旧名護屋城下町
    icon_wc icon_eat icon_photo
    旧名護屋城下町
    佐賀県唐津市鎮西町名護屋827 付近

    名護屋城が築かれた当時、城下町の中心部だったエリア。「肥前名護屋城図屏風」には当時の街並みが描かれており、「茜屋町」「材木町」などの地名も伝わっている。武士や商人で賑わった様子を想像しながら散策してみよう。

  • 徳川家康陣跡
    icon_jin icon_photo
    徳川家康陣跡
    佐賀県唐津市鎮西町名護屋694-1 付近

    江戸幕府を開いたことで知られる徳川家康の陣跡。徳川家康は、文禄の役における講和交渉に訪れた明国使節の応接を担当した。隣接するなごや保育園側に石垣が残っている。

  • 広沢寺
    icon_photo
    広沢寺
    佐賀県唐津市鎮西町名護屋3673
    0955-82-1131
    https://www.asobo-saga.jp/search/detail.html?id=170

    豊臣秀吉に側室として寵愛された広沢局(ひろさわのつぼね)ゆかりの寺。境内はかつての名護屋城山里丸にあたる。寺に残る樹齢400年の大ソテツ(国の天然記念物)は加藤清正が朝鮮から持ち帰り、秀吉が手植えしたものと伝えられている。

その他のコース